八幡初卯神楽

 
やわたはつうのかぐら/やはたはつうのかぐら
仲春
 
 
御神楽
 
 
京都府八幡市石清水八幡宮の祭典。旧暦二月初卯日、夕刻、神前で焚かれる庭燎の明かりの中、平安時代より伝わる「御神楽」が奏される。これは、宮中を始め全国各地で行われている御神楽の原型とされる。秘祭であり一般参観はなし。現在は三月初卯。

コメントは受け付けていません。