祇園御八講

 
ぎおんごはつこう/ぎをんごはつかう
仲春
 
 
 
京都市東山区の八坂神社は、古くは祇園社と呼ばれた。延暦寺別院になるなど天台宗と関係が深く、保元年間から神前に法華八講が奉納されていた。今は途絶えているが、平成十七年三月、天台開宗千二百年の節目約二百年ぶりに、僧侶・神職合同で行われた。

八講の真葛に雪の戻りかな
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。