若狭のお水送り

 
わかさのおみずおくり/わかさのおみづおくり
仲春
 
 
送水会/お水送り
 
 
三月二日、福井県小浜市神宮寺の神仏習合の行事。若狭、遠敷川上流の鵜の瀬から、送水の祭文を誦し香水を川に注ぐ。これが奈良東大寺二月堂の若狭井に届くと、古来より言い伝えられてきた。 東大寺修二会(お水取)に汲まれる水である。

雪汁か若狭の水のつめたさよ
玄梅 「類題集」

梅が香に若狭の水の勢ひかな
月洞 「基便下」

若狭の水呼ぶ声ききに二月堂
松瀬青々  「松苗」

コメントは受け付けていません。