踊念仏

 
おどりねんぶつ/をどりねんぶつ
仲春
 
 
 
念仏を唱えつつ踊る宗教舞踊。空也上人が始め、一遍上人の時宗で盛んになり、各地にさまざまな形で残されている。長野県佐久市跡部の西方寺で行われるものが名高い。九人一組となり、二間 四方の道場で踊る。四月第一日曜日。

コメントは受け付けていません。