摩耶詣

 
まやもうで/まやまうで
仲春
 
 
摩耶参/摩耶昆布
 
 
神戸市儺区の摩耶山利天上寺へ陰暦二月初午の日に参詣すること。「摩耶」の語音が「馬」に通じるためか、昔は近在の農家が馬を曳いて参った。現代は、三月春分の日、糸に通した昆布が土 産に売られ、これを摩耶昆布という。

摩耶詣で筒の賽米鳴らしけり
吉田冬葉 「青嵐」

コメントは受け付けていません。