薬師寺造華会

 
やくしじぞうかえ/やくしじざうくわゑ
仲春
 
 
花会式
 
 
三月三十日から四月五日まで、奈良薬師寺で行われる修二会の異称。堀川天皇が、皇后の病気平癒を薬師如来に祈願、霊験のあったお礼に、宮中から造花十二瓶を献じたのが始まり。期間中、薬師悔過の行法が営まれる。結願の夜は、鬼走りの儀式も行われる。

椿さく寺の戸ほそや花会式
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。