吉野花会式

 
よしのはなえしき/よしののはなゑしき
晩春
 
 
鬼踊
 
 
四月十一日、十二日、奈良県吉野町金峯山寺(蔵王堂)で行われる法会。蔵王権現の神木である吉野山の桜を神前に供える儀式。竹林院から大名行列や稚児行列が練り歩く。蔵王堂前では、大護摩が焚かれ、堂内では鬼踊が行われる。吉野の春の最大行事である。

花会式かへりは国栖に宿らんか
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。