聖武祭

 
しょうむさい/しやむさい
晩春
 
 
奈良東大寺大仏殿で、五月二日に行われる。同寺を建立し、大仏 開眼の偉業を達成された聖武天皇を偲び、その命日に営む法要。大仏殿前の鏡池に設置された舞台で、舞楽や能を奉納するほか、楽人、稚児、僧侶ら三百人からなる練り行列が行われる。

コメントは受け付けていません。