光悦忌

こうえつき/くわうえつき
仲春
 
 
陰暦二月三日、本阿弥光悦の忌日。京都洛北鷹ヶ峰の地に、大虚庵(光悦寺)を結び、親族、芸術家、工芸職人等一門一党を率いて、いわゆる芸術家村を築いた。毎年二月三日に、京都市北区光悦寺にて法要が営まれる。十一月に光悦忌茶会も行われる。寛永十四年没。

洛北の径知り来つ光悦忌
松瀬青々 「鳥の巣」

コメントは受け付けていません。