妓王忌

ぎおうき/ぎわうき
仲春
祇王忌
 
陰暦二月十四日、平清盛の寵愛をうけた白拍子祇王の忌日とされているが、明らかではない。清盛をめぐる仏御前との哀れをさそう物語は、「平家物語」の中に伝えられる。京都嵯峨にある祇王寺は、彼女らが仏に仕え住んだ所という。能にも「妓王」がある。 祇王寺パンフレットには、陰暦八月十五日が忌日であるとし、法要とか行事はないという。

コメントは受け付けていません。