俊寛忌

 
しゅんかんき
晩春
 
平安末期の僧侶で、後白河法王の信任を得た。鹿ガ谷の平家討伐の謀議に加わって捕らえられ、藤原成経、平康頼と共に鬼界ガ島に流された。後、俊寛一人赦されず孤島に没したと伝えられる。陰暦三月二日を忌日とするが不明。平家物語、能、歌舞伎で有名。

コメントは受け付けていません。