小町忌

 
こまちき
晩春
 
 
小野小町忌
 
 
陰暦三月十八日を小野小町の忌日とするが、生没は明らかではない。平安期の六歌仙の一人とされる女流歌人。古今集・新古今集等勅選集に作品を収録されている。その名は、美人の代名詞として親しまれ、伝説も多い。謡曲には「小町物」として登場する。

コメントは受け付けていません。