古巣

 古巣/ふるす三夏
 
  雛を育て終った巣。毎年新しい巣を作る鳥が多く、そのまま顧み られず捨てられるところに、一抹の哀愁が漂う。しかし、鷲や鷹、 鵲、燕など、古巣に新しい材料を加え繕って使うものもいる。古巣只あはれなるべき隣かな芭蕉 「続深川集」旅がらす古巣はむめに成りにけり芭蕉 「島の道」みの虫の古巣に添うて梅二輪蕪村 「蕪村遺稿」念仏して鳥の古巣を払ひけり松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。