鶴の包丁

つるのほうちょう/つるのはうちやう
新年
 
舞御覧(正月十七日または十九日に宮廷舞楽を演奏し天皇にご覧に入れた行事)の前儀として、包丁家の人が鶴を古式にのっとり調理し、天皇にご覧に入れた行事。調理後の鶴肉は、舞御覧の間 に御前に供された。

コメントは受け付けていません。