初登城

 
はつとじょう/はつとじやう
新年
 
 
兎の吸物
 
 
江戸時代、諸大名や幕臣が将軍への年始挨拶のために登城したこと。祝儀に酒と兎の吸物と呉服が下賜された。

弥勒まで御世や兎の御吸物
越人 「鵲尾冠」

コメントは受け付けていません。