松囃子

 
まつばやし
新年
 
 
松拍子/御謡初/初謡/素襖脱ぎ
 
 
松は松の内の意。江戸時代、正月三日に殿中で行われた能楽諸流の謡初めの儀式。明治以降は上野東照宮に引き継がれ、太平洋戦争前まで行われた。

音曲や声のはつはな松ばやし
重頼 「桜川」

一調子東風にあげけり松囃子
梅和 「新類題発句集」

春もやや浮世に出たり松囃し
尺艾 「題葉集」

振袖の児は刺子か松囃子
鵞溝 「発句題叢」

絵扇をひさぐ家なり松囃子 
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。