松竹梅飾る

 
しょうちくばいかざる
新年
 
 
古来からめでたいものとされてきた松竹梅を正月に飾ること。松の常緑、竹の潔さ、梅のいち早く咲く姿をそれぞれ尊んだ。

松竹や世にほめらるる日の始
千代女 「千代尼句集」

コメントは受け付けていません。