歯朶飾る

 
しだかざる
新年
 
 
裏白飾る
 
 
正月の祝いに歯朶を、注連縄や鏡餅などに添えて飾ること。遠く平安時代から現在まで続く正月飾りの一つ。常緑であることや葉が二枚ずつ左右に並ぶことから、長寿や夫婦円満を祈って用いら れたと考えられる。

飾る歯朶や門松が枝の手向草
季吟 「桜川」

歯朶の葉や俵の間臼の中
夏栗 「新類題発句集」

棚の歯朶天の裏白と申すべう
鶯笠 「発句題叢」

余り歯朶妹が櫛笥も飾りけり 
高田蝶衣 「青垣山」

コメントは受け付けていません。