橘飾る

たちばなかざる
新年
 
 
正月の祝いに橘を、注連縄や鏡餅などに添えて飾ること。橘は『日本書紀』に非時香菓(ときじくかぐのこのみ)とあるように古くから不老長寿の薬とされてきた。夏に実り、秋冬を迎えても霜に強く、その香気を失わない。 

蓬莱の橘匂ふ一間かな 
陶々 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。