橙飾る

だいだいかざる
新年
 
 
代々飾る
 
 
正月の祝いに橙を、注連縄や蓬莱に添えたり鏡餅に載せて飾ること。橙は冬に黄色に実るが、採らずにおくと七、八年は落ちず夏にまた緑色に戻るため回青橙とも呼ばれ、家が「代々」続くとの願いに通じる縁起物である。

橙や春をかさねし千年家 
山呼 「新類題発句集」

橙の一つを飾りあましけり
名和三幹竹 「俳句三代集」

コメントは受け付けていません。