穂俵飾る

 
ほだわらかざる/ほだはらかざる
新年
 
 
正月の祝いに穂俵を、蓬莱に添えるなどして飾ること。穂俵は褐 藻類ホンダワラ科の海藻。実が米俵に似ていることからこの名があり、穂と俵が豊年を意味する縁起物である。

穂俵に豊年しるし海までも
鳥木 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。