掛鯛

 
かけだい/かけだひ
新年
 
 
懸鯛/にらみ鯛/包尾の鯛
 
 
正月の祝いに二匹の小鯛を腹を合わせて藁で結び、神棚や竈の上に掛ける風習。六月朔日に下ろし、汁や膾にして食すことで邪気を祓うとされた。
 
歯朶の葉に見よ包尾の鯛のそり
耕雪 「続猿蓑」

懸鯛や相かわらずに向ひあふ
千尺 「新類題発句集」

掛鯛やけふは波に似たる物なし
尚伯 「孤松」

掛鯛の眼に煤たまる日数かな 
安藤橡面坊 「深山柴」

掛鯛の影や柄杓ささら波
尾崎紅葉 「紅葉句集」

コメントは受け付けていません。