利休忌

 
りきゅうき/りきうき
仲春
 
 
宗易忌/利久忌
 
 
陰暦二月二十八日。千利休の忌日。利休は堺の商家の生まれ。信長、秀吉に仕えた。禁中茶会にて正親町天皇に茶を献じたこともある。晩年には茶道の基となる「わび茶」を完成させた。秀吉に 理不尽なる切腹を賜った。

利休忌や復た世に出でし黄八丈
浅井啼魚 「ホトトギス誌雑詠選集」

利休忌の石の膚えの冷たさよ
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。