柳鮠

hayaやなぎはえ
三春
鮠/はや
【解説】 
特定の魚の名ではない。うぐい又は、おいかわ、やまべ等の淡水魚のこと。姿が柳の葉に似ていることから、ないしは柳の葉が生える頃に、よく捕れ始めることから柳鮠と言われるようになった。 
      
春の水に秋の木の葉を柳鮠 
嵐雪 「其袋」

もやひすて沈める舟や柳鮠 
寒川鼠骨 「阿迦雲」

柳鮠吉野の女鬻ぎけり
岡本癖三酔 「癖三酔句集」

水門に少年の日の柳鮠 
川端茅舎 「川端茅舎句集」

コメントは受け付けていません。