桑摘

 
くわつみ/くはつみ
晩春
 
 
桑摘女/桑摘唄/桑籠/桑車/桑倉
 
 
今年の新しい枝に出た葉を蚕のために摘むこと。孵ったばかりの蚕には柔い葉を一枚ずつやる。蚕の成長するにつれて次第に大きな葉を採り、やがて枝ごと採取する。かつては多くの人の手を必 要とした作業だった
。          
桑の葉のいつもぎ果てん我がこころ
憔然 「遅れ馳」

桑摘や枝に夕日のあかね裏
蝶夢 「類題発句集」

コメントは受け付けていません。