蔦の芽

 
つたのめ
仲春
 
  
蔦は他の草木に遅れて芽吹く。その芽は新しい蔓となり、ぐんぐん伸びる。さらに蔓から伸びた無数の細い巻蔓には吸盤があり、 手近なものに貼り付き這い登る。逞しい生命力を秘めた芽である。
    
蔦の芽の枯木にかかる青みかな
唇風 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。