松の花

まつのはな
晩春
松の花粉/十返りの花
 
【解説】
松は、晩春、新芽の先に赤紫の雌花をつける。雄花は茶色で新芽の下部に密生する。花粉を飛ばし終えた夥しい数の雄花が、松の周りなどに散っているのをよく見かける。雌花は松毬となる。
【科学的見解】
松の仲間は、雄花と雌花に分かれた単性花を形成する。風媒花でもあるため、花弁は形成せず、大量の花粉を飛散させることで受粉の確率を高めている。人里付近の松の仲間は、クロマツとアカマツが一般的であり、海岸付近にはクロマツが、内陸の乾燥地域にはアカマツが生育している。(藤吉正明記)             
すつと立つ木草の中に松の花
鬼貫 「七 車」

まだ山の味覚えねど松の花
憔然 「憔然坊句集」

あかつきや弥勒弥勒と松の花
路通 「真 蹟」

妻ぐしに真葛たまりや松の花 
淡々 「五歌僊」

線香の灰やこぼれて松の花 
蕪村 「香世界」

棟札は大同二年松の花 
二柳 「紫暁春帖」

松の花南海の紺夕べ濃き
大谷碧雲居 「碧雲居句集」
matunohana

コメントは受け付けていません。