海棠

 
かいどう/かいだう
晩春
 
 
眠れる花/睡花/垂糸海棠/海紅/花海棠
 
 
バラ科。中国原産。観賞用に栽培されてきた。八重の花海棠と、一重の実海棠がありその実は食べられる。玄宗皇帝が「海棠の睡り未だ足らざるのみ」と、ほろ酔いの楊貴妃を海棠にたとえた、 という故事から「眠れる花」ともいわれる。 
       
人の目はさむる海棠のねぶりかな
貞徳 「犬子集」

海棠のうつぶくや歯の痛む時 
越人 「鵲尾冠」

海棠や紅粉少しある指のはら
太祗 「石の月」

海棠や白粉に紅をあやまてる  
蕪村 「蕪村遺稿」

海棠や雨をはらめる月二夜
紫暁 「松のそなた」

海棠の露をふるふや物狂
夏目漱石 「漱石全集」

海棠や陪審廷の廊の庭 
鈴木花蓑 「鈴木花蓑句集」

コメントは受け付けていません。