春菊

しゅんぎく
三春
しんぎく/菊菜/高麗菊
 
【解説】
キク科。鍋料理などでは冬に食すが、春に黄色の花を咲かせる。全体が黄色い花と、中心のみが黄で縁が白の花とがある。葉に細く裂け目のある芹葉春菊と、厚手の葉のおたふく春菊がある。
【科学的見解】
シュンギクは、地中海沿岸原産の一・二年草本である。日本へは、室町時代頃に渡来したとされている。日本では、主に食用利用とされるため、開花前に収穫されるが、花の観賞価値も非常に高い。ヨーロッパでは、観賞用の植物として栽培されている。(藤吉正明記)
            
囀や春菊一花珠光る    
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。