梅見

 
うめみ
初春
 
 
観梅/梅見茶屋
 
 
梅は奈良時代に日本へもたらされたとされる。早春、百花に先立って咲く梅は、香りも高く気品がある。見頃には、各所の梅林がにぎわう。

御秘蔵に墨を摺らせて梅見哉
其角 「五元集」

むくつけき僕倶したる梅見かな
蕪村 「霞夫宛書簡」

境内の刈芝を踏む梅見かな
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。