花守

 
はなもり
晩春
 
 
花の主/花のあるじ/桜守
 
 
寺や庭園、山野等の桜の木の手入れをしたり、番をしたりする人。和歌から派生した季語である。

一里はみな花守の子孫かや 
芭蕉 「猿蓑」

花守や白きかしらをつき合はせ
去来 「薦獅子」

花守の身は弓矢なきかがしかな
蕪村 「続一夜松後集」

花守のあづかり船や岸の月
太祇 「太祇句選」

コメントは受け付けていません。