開帳

 
かいちょう/かいちやう
三春
 
 
出開帳/居開帳
 
 
寺院等で、特定の日をもうけ普段見せない秘仏を拝観させる事。気候のよい春先に行われる事が多い。

花ちるやとある木陰も開帳仏
一茶「七番日記」

千仏や柳桜に出開帖
松瀬青々「妻木]

炎上をまぬがれたまひ出開帳
清原枴童 「枴童句集」

コメントは受け付けていません。