蚕豆の花

 
そらまめのはな
晩春
 
 
マメ科で西アジア、アフリカ原産。春の盛りの頃葉腋に白色又は薄紫色の蝶形花を数個ずつつける。花の中心部に黒い斑が入り、 目のように見える。鄙びた感じの花で、花の後実の莢が天を向いて育つのでこの名がある。畑で栽培する。

コメントは受け付けていません。