母子草

ははこぐさ
晩春
 
 
鼠麹草(ほうこぐさ)/ははこ/ほうこ/御形蓬
 
 
キク科の多年草。人里近くのどこにでも自生している。葉や茎が、柔らかな白毛に覆われているため、全体が白っぽく優しい感じがする。ヘラ形の葉の間からのびた花茎に、小さなつぶつぶの黄色い頭頂花を球状につける。春の七草のオギョウは母子草のロゼット(根出葉)である。

すりこぎや父はおそろし母子草 
路通 「雷盆木」

コメントは受け付けていません。