鳴雪忌

 
めいせつき
初春
 
 
老梅忌
 
 
二月二十日。俳人内藤鳴雪(一八四七~一九二六)の忌日。子規派の長老として、明治、大正の俳壇で重きをなした。酒脱な句風でこだわりのない天衣無縫な人柄であったという。

白梅の白きに堪へず鳴雪忌
佐藤紅緑 「花紅柳緑」

コメントは受け付けていません。