星の薫物

ほしのたきもの
初秋
 
 
星の薫
 
 
七夕の日の宮中での儀式の一つ。七夕の夜、清涼殿の東庭に筵を敷いて机を並べ、そこに琴を横たえ、琴の傍らで一晩中香を焚いて星を祝った。

コメントは受け付けていません。