相撲の節

 
相撲の節/すまいのせち/すまひのせち
初秋
 
 
相撲の節会/相撲会/部領使
 
 
全国から召しだされた力士が、天覧相撲をとること。陰暦の七月 二十六日に仁寿殿で内取り(稽古)がなされ、二十八日に紫宸殿 で召合せ(本番)があった。 

コメントは受け付けていません。