定考

 
こうじょう/かうぢやう
仲秋
 
 
小定考
 
 
平安時代の宮中での儀式。陰暦八月十一日に六位以下の官人の一年間の成績を考慮し、昇進を定めた。「上皇」と音が一緒になるので「こうじょう」と読ませた。

定考や身は六芸に達しけり
高田蝶衣 「最新二万句」

コメントは受け付けていません。