司召

 
つかさめし
仲秋
 
 
秋の除目/京官除目
 
 
平安時代、朝廷では春と秋二回の任命式があった。春が地方官吏を任命であるのに対し、秋には「司召」といって中央官吏の任命が行なわれた。六位以上の官人が栄爵をを賜るものであった。

拝すとて烏帽子落とすな司めし
太祇 「題林集」

コメントは受け付けていません。