秋の駒牽

 
あきのこまびき
仲秋
 
 
駒迎え/引分使/望月の駒/霧原の駒
 
 
陰暦八月十六日の宮廷行事。各地の朝廷直轄の牧場から、優れた馬を選び出し都までひいてきたことをいう。後には信濃望月の馬 がおもに差し出されるようになり、折からの名月ともあいまって広く歌にも詠まれた。

町医師や屋敷がたより駒迎へ
芭蕉 「五十発句合」

桟や先づ思ひ出づ駒迎へ
芭蕉 「更科紀行」

駒牽きの木曾や出づらん三日の月
去来 「句兄弟」

新蕎麦の信濃話や駒迎へ
許六 「藁人形」

爪髪も旅のすがたや駒迎へ
荷兮 「曠野」

旅人のはしり抜けるや駒むかへ
蓼太 「蓼太句集」

駒迎へことにゆゆしや額白
蕪村 「蕪村句集」

駒牽きやけふ切り立ての白ふどし
大江丸 「俳懺悔」

一袋蕎麦も添へけり駒迎 
一茶 「一茶句帖」

コメントは受け付けていません。