氷魚を賜ふ

 
ひおをたまう/ひををたまふ
晩秋
 
陰暦九月九日、重陽の日に朝廷から氷魚を賜ること。「氷魚」は鮎の稚魚で琵琶湖などから運ばれた。

コメントは受け付けていません。