虫選

 
虫選/むしえらび
三秋
 
 
虫を選ぶ/虫狩/虫採/虫吹く/虫合/虫尽

平安時代の宮中でのしきたり。殿上人が野に出て鳴き声のいい虫を選び、籠に入れて宮中に奉った。

猶あはれ選り残されし虫の声
貞室 「類題発句集」

つたなしや虫ふく中に尼一人
言水 「花圃」

さびしさはどれも劣らず虫合
北虎 「新類題発句集」

啼き絶ゆる虫もあるらん虫合 
河東碧梧桐 「新派句選」

コメントは受け付けていません。