毛見

けみ
仲秋
 
 
田の検見/検見/毛見の衆/毛見迎/毛見の日/毛見果/毛見の賄ひ/検見立/坪刈
 
 
年貢高を決めるための調査。江戸時代、役人が村々を回り、その年の稲の出来具合を勘案して年貢の割合を決定した。農民にとっては、その高低は死活問題であり、毛見の役人を饗応することもめずらしくなかった。

毛見の衆の舟さし下せ最上川 
蕪村 「蕪村句集」

コメントは受け付けていません。