不堪田の奏

 
ふかんでんのそう
晩秋
 
 
不堪佃田の奏
 
 
「不堪田」とは、作りに堪えざる田、という意味。水害などで田が荒れて植え付け不能になることをいう。律令制では、租税を軽 くしてもらうために国司が荒れた田の目録を太政官に上奏した。これを不堪田の奏という。陰暦九月七日に行なわれた。

コメントは受け付けていません。