星合

 
ほしあい/ほしあひ
初秋
 
 
星迎へ/星逢ふ夜/星の契/星の恋/星の妹背/星の別れ/別れ星/星の閨 七宝枕/星合の浜/星合の空/年の渡り
 
 
陰暦の七月七日、牽牛と織姫の二つの星が、天の川を渡ってあうこと。中国の七夕伝説による。

田の水の湯と成りて星の逢ふ夜かな 
鬼貫 「七車」

合歓の木の葉越しもいとへ星の影
芭蕉 「猿蓑]

秋来ぬと妻恋ふ星や鹿の革
芭蕉 「江戸通り町」

ほし合ひや詩作る妹がつらがまへ
大魯 「蘆陰句選」

露の間を世にふる星の逢ふ夜かな 
樗良 「つもり舟」

世の中やあかぬ別れは星にさへ 
一茶「九番日記]

コメントは受け付けていません。