鵲の橋

かささぎのはし
初秋
星の橋/行合の橋/寄羽の橋/天の小夜橋/紅葉の橋/烏鵲の橋
 
七夕の夜、天の川を渡る織姫のため、かささぎが羽を連ねて橋となること。

かささぎやけふ久かたのあまの川
守武 「飛梅千句」

鵲の橋や銀河のよこ曇り 
来山 「続今宮草」

鵲の橋は石にも成りぬべし
松瀬青々  「妻木」

コメントは受け付けていません。