七箇の池

 
ななこのいけ
初秋
 
 
百子の池/七遊/七夕の御遊/七種の御手向
 
 
七夕の行事の慣わしの一つ。池に見立てた七つの盥に鏡を沈め、それに星を映して楽しんだ。七夕の七の数にちなんだものと思われる。

コメントは受け付けていません。