後の二日灸

 
のちのふつかきゅう/のちのふつかきう
仲秋
 
 
秋の二日灸
 
 
陰暦八月二日にすえる灸をいう。春の「二日灸」と同様、特別の効能があるとされる。

秋に泣くふるき病や二日灸
松瀬青々  「妻木」

コメントは受け付けていません。