後の出代

 
のちのでがわり/のちのでがはり
仲秋
 
 
秋の出代
 
 
「出代」は年季を終えた奉公人が交代すること。陰暦の二月二日 と八月八日に行われた。春のそれを単に「出代」というのに対し、こちらは「後の出代」という。
  
萩芒出代り雨の降りにけり
一茶 「文化句帖補遺」

コメントは受け付けていません。