馬市

 
うまいち
仲秋
 
 
馬の市
 
 
馬の競り市のこと。秋に立つことが多かった。昔、農村では馬は 貴重な労働力であった。また材木などの運搬も馬がなくてはならず、馬市は大いに賑わった。トラックが普及し、農家も次第に機械化されてくるにしたがって馬市もさびれた。

コメントは受け付けていません。